事故のあとで

気づいたら

府中のとても遠い病院にいました。

しかも深夜3時は待機タクシーもなく

車椅子を借りてタクシー乗り場で待たせ

運良く大通りで拾えて、帰宅出来ました。

 

どう考えても階上の自室には上がれないので

1階のゲストルームへ・・

事務局のキャスター付きの椅子を

車椅子替わりにして上手に搬送(^o^)丿

 

どうにかベッドに寝かせて、一安心。

全身が痛くて辛そうでしたが・・。

そして、心が痛い私たちは、もう一仕事。

事故現場は見たくないけど、

放置されているであろう自転車を

取りに行きましたが・・。

全く見当たらず、現場も綺麗さっぱりで?

 

今日あったことは何だったんだろう?

なんだか真夜中の空虚さがよけいに重い

一夜を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

▲ページトップへ