20年の歳月

1995年1月17日

阪神淡路大震災が発生してから

20年の歳月が過ぎました。

 

この数日は報道でも特集が組まれ

あの頃の悲惨な現場と共に

復興を遂げた建物、まだ取り残されている現場

様々な情報が映し出されています。

 

あの年に生まれた末娘が成人を迎え2夕陽

その短くも長い歴史を振り返ると

あの震災で亡くされた尊い命の

深い悲しみと無念が聴こえるようです。

 

残された者、免れた者として、

せめてこの教訓を活かし

防災減災を絶えず心に留めて

いつどんな時に発生するか予測のつかない

自然災害にも耐えうる安全な暮らしを

守らなければならないと・・

家族だけではなく沢山のお嬢様方を

お預かりしている館長として肝に銘じ

改めて亡くなられた方々の

ご冥福をお祈りさせて頂きます。

 

▲ページトップへ