杏の実

強風と雨で、庭の杏(あんず)の実が

完熟を待たずに落ちてきています。

昔はよくジャムにしていたのですが、

近年さぼっていました。

 

ところで、東和ドミトリーには、

「杏林大学」の学生さんが多く在籍しています。

先日、大学の広報誌をいただき、はっとしたのが

「あんず」というタイトル。

私は、勝手に「銀杏(ぎんなん)」のイメージで

学校名を捉えていたのですが、

中国に伝わる故事に由来した学名だそうです。

(曰く、良医のことを杏林と呼ぶ故事)

勝手な思い込みで失礼しました。

7月初旬のあんず収穫と共に、心に留めおきます。

▲ページトップへ