迷いどころ・・

インターネット検索が通常の世の中になり

東和ドミトリーのHPからご連絡を

いただくことも増えて参りました。

 

東和ドミトリーは創業以来、留学生は

積極的に受け入れておりますが、HPの

英語版や中国語版は準備できていません。

 

そこまでするか、否か、どこまで受け入れるか。。

留学生としての経験上、日本人の中に2割~3割の

留学生というのが理想と捉えています。

常に、お互いに有効な割合、状況を模索していますが、

その都度様子を見ながら、臨機応変に対応することを

心掛けています。

 

現状では、外国語対応のHPにしてまで積極的な受入を

するのは、控えておこうかな・・・。

学校紹介と口コミ程度で良い塩梅の今日この頃です。

 

▲ページトップへ